076-272-8655

©2019 by まつもと上部頸椎カイロプラクティック. All rights reserved.

くびcoloer.001.jpg

​首を整えて自律神経機能を改善

金沢市のまつもと上部頸椎カイロプラクティックでは、自律神経機能の改善も期待できます。

​自律神経の中枢は第一頚椎の中に延髄として入り込んでいます。また第一頚椎には脳へ酸素と栄養を送る椎骨動脈も複雑に入り込んでいます。自律神経の機能を正常に保つためにも、頸椎の状態を良くしておくことは大切です。​

​自律神経の中枢を根本改善

​・脳と首と自律神経

自律神経の乱れや機能低下による不調は

非常に沢山あります。

 

疲れやすい

身体が重い

イライラする

不眠

血圧が安定しない

身体が冷える

気分が鬱々とする

 

これらは殆ど「脳」機能に関係しています。

 

脳機能、中枢神経機能の低下によって起こる症状です。

 

この脳機能低下は様々な要因で起こります。

精神的なストレス

性格や気質

運動不足

栄養の不足や偏り

 

これらは自分でいくらかコントロールできますが

 

構造的な頸椎の歪みによっても

脳機能が低下します。

 

上部頸椎を構成する第一頸椎には

脳へと続く「椎骨動脈」が蛇行して走行しています。

 

これは脳血管を写したCT画像ですが

写真の下半分、両サイドのくの字になっている太くて白いのが

椎骨動脈です。

 

 

赤いのが椎骨動脈です。頸椎の骨の横には穴が開いていて、その穴の中を写真のように動脈が貫きます。

第7頸椎から動脈は横の穴を上ってくるのですが、第1頸椎を貫いたところで

後ろにクネっと曲がります。

 

そして頭の中に入っていきます。

この第1頸椎が左右に捻れると

椎骨動脈も狭くなったり引っ張られたりして(普通は弾力があるので大丈夫ですが)

脳への血流が低下します。

 

脳の血流低下は

額の部分、または眉間の温度を測定すると分かることがあります。

 

頸椎の歪み由来の脳血流低下は

顔を正面に向けている時と

右、または左に向いている時の脳血流の差を測定すると分かります。

 

正面を向いたときの温度より、右や左を向いたときの温度のほうが0.5度ほど温度が低くなる事もあります。

頭の位置(首の回旋による)で前頭部に温度変化が現れる人は

目の奥が痛いとか眼圧が高いとかおっしゃる人もいます。

 

このように慢性的な首の回旋変位~簡単に言うと首の歪み~は

脳血流を低下させ、脳機能を低下させる可能性があります。

それは自律神経機能にも影響を及ぼし

前述した自律神経の乱れによる様々な症状の要因になり得ます。

 

​金沢市の首専門 まつもと上部頸椎カイロプラクティックでは

第一頸椎の動きを改善し、変位を是正していくことで

脳機能の回復、自律神経機能の回復を目指します。

非常に優しい施術なので、お子さんからお年寄りまで安全に受けていただいております。

 

自律神経の乱れ、不調でお悩みの方は

「首」を整える事は

非常に有効なアプローチかと思います。