076-272-8655

©2019 by まつもと上部頸椎カイロプラクティック. All rights reserved.

くびcoloer.001.jpg

首痛・むちうち改善

首の痛みの原因は様々ですが、まつもと上部頸椎カイロプラクティックではしっかりとした問診、科学的検査などを用いて原因別にアプローチしております。首の専門家ならではの高い改善率と安全性で、喜ばれております。

​金沢市で首の痛みや、交通事故などのむちうち症でお悩みの方は是非ご相談ください。​

​(自賠責保険対応)

​首痛やむちうち症を根本改善

首の痛みといっても原因や要因は様々です。

可能な限り医療機関で頸椎の骨折や脱臼、悪性腫瘍や感染症など、重篤な疾患がないかを確認してください。

ここでは主に上部頸椎領域の問題に関連する首の痛みについて

私の考えとアプローチの仕方を述べます。

1、慢性的な首こりからくる痛み

 上部頸椎の歪みにより頭が左右に傾きすぎている人がいます。

そういう人は右か左、どちらか一方の首か肩に負担がかかり続け、血流が悪くなり、痛みを感じるようになってきます。頭痛を伴う事もあります。

 

 この場合の根本的な改善は、上部頸椎の位置が正常に戻り、首の関節の動きが自由になるように調整することです。

 

 首や肩の両側が痛いという人は、スマホやパソコンなどで単に下を向いていたり、姿勢が悪い状態が続いている可能性があります。これは姿勢や運動に気をつけるしかないでしょう。

 

 しかし、稀に下を向く姿勢が背骨のカーブを消失させ(ストレートネック)、上部頸椎の下方への歪みを引き起こしてしまう人もいます。この場合は吐き気やめまい、全身のだるさなども引き起こされることがあります。

 

 当オフィスでの施術では初回に上部頸椎の調整を行い、後はその状態を維持するように自己管理(運動、姿勢、睡眠)に注意していただいております。

 初回から約一週間もすれば体のバランスも良くなってくるので、早い方は1〜2週間後には痛みは改善されてきます。しかし、最低でも1ヶ月は経過観察が必要です。

 

2、朝起きたら首が痛いなど急性の痛み

 寝違えた。朝起きたら首が痛くて回らない。よくある話です。

 

 睡眠不足や、精神的なストレスが続くと、全身の血流が悪くなり、筋肉が緊張します。その状態で就寝中に寝返りもうたず、同じ方向、または首を捻ったりしたまま寝てしまうと、さらに筋肉の血流が悪くなり痛みを生じます。

 

 寝違い以外でも、長時間同じ姿勢をとった後に、急に首を動かしたりすると似たようなメカニズムで筋肉や関節を痛めます。

 

 当オフィスでは痛みに対する場合、緊張した筋肉が一番緩む首の角度を見つけ出し、その姿勢のまま筋緊張を改善させる手技療法を行います。1〜2回の施術で痛み自体はかなり軽減されます。

 

 もし、あなたが何度も寝違いを繰り返すような人ならば、上部頸椎に歪みを生じているかもしれません。上部頸椎の歪みは関節可動域に制限を起こし、筋緊張を起こしやすい体にしてしまうからです。根本的な改善を目指す人には、上部頸椎カイロプラクティックで定期的にケアしていきます。

 

 

3、交通事故や転倒など強い衝撃による首のケガ

 頭は約5kgあります。交通事故などで不意に後ろから追突されると、頭は前後左右に振られます。その際に筋肉や関節を痛めてしまいます。あまり強い衝撃だと、骨折や脱臼、筋断裂などが起きますから、病院での治療が必要です。

 しかしながらそんなに強い衝撃でもなかったけど、2〜3日経ったら、痛みやだるさが出てきたと言うケースもあります。

 

 こういう時は微小な衝撃が背骨を揺らし、自律神経系に影響を及ぼしている可能性があります。

 

また、もともと体の歪みが強かった人が微小な衝撃がきっかけで、一気にバランスを崩していく事もあります。こういったケースでは上部頸椎カイロプラクティックの施術が効果があります。

 

 

 当オフィスでは交通事故のケガは柔道整復業に沿った施術で損傷回復に努めます。(自賠責保険の適応)背骨の歪みに関しては別途カイロプラクティックの施術を提案して体調の回復をお手伝いしています。